株価ベーター値一覧TOP>株価ベーター値の検証
     エクセルを使った株価ベーター値の算出
 
エクセルを使って実際に株価ベーター値を算出してみる
本当にこの株価ベーター値は正しいのか
極めて簡単に株価ベーター値が得られます。
しかし回帰分析した直線の傾きを株価ベーター値とする算出方法が本当に正しいものか、疑問に思う人も いると思います。
念のため検証してみます。
株価ベーター値の定義は
株価ベーター値=(個別銘柄と指標銘柄変動率の共分散)/(指標銘柄変動率の分散)
ですから、この定義に合わせて計算します。
  1. エクセル上に、先ほどと同じようにまず標題を作ります。
    下図の様に、『株価ベーター値』の隣に『共分散』、その隣に『日経平均分散』、さらにその隣にその割り算を示す 標題を作ります。
  2. 『共分散』は『コバリアンス関数』で求めることができます。
  3. 先ほどと同じように、『fxアイコン』『すべて表示』『COVAR』と選びます。
  4. 下図のように『配列1』に『D2:D21』、『配列2』に『E2:E21』と記入し、OKをクリックします。
    『共分散』の欄には『0.0053』と表示されているはずです。
  5. 次に日経平均の分散を求めます。
  6. 『分散』は『バリアンス・ピー関数』で求めることができます。
  7. 先ほどと同じように『fxアイコン』『すべて表示』『VARP』と選びOKをクリックします。
  8. 下図のように『数値1』に日経平均20週分の変化率『E2:E21』と記入し、OKをクリックします。
    これで日経平均の分散が表示されます。
    『日経平均分散』の欄には『0.005904』と表示されているはずです。
  9. 後は割り算だけです。『G/H』の欄に『=G2/H2』と記入し『Enterキー』をクリックすれば、 割り算の結果が表示されます。
  10. これらの結果を下までドラッグすれば、先ほど同様過去のデーターも表示されます。
    下図に示すようにまったく同一の結果となります。
『LINEST関数』を使った株価ベーター値算出方法は正しいという結果になりました。
次は株価ベーター値をもう少し別の観点から眺めて見ます。

株価ベーター値とは
株価ベーター値の求め方
株価ベーター値をグラフで求める 株価ベーター値にはいろんなものがある
論理的な株価ベーター値の算出
エクセルを使った株価ベーター値の算出
株価ベーター値だけで判断しない
確実度の算出
確実度をグラフで確認
分散投資の参考に
株価ベーター値一覧の見方